審美歯科や矯正歯科で美しい歯|きらきら口元美人

歯

歴史と矯正装置

歯列矯正の歴史と矯正装置

白い歯

紀元前にエストニア各地で矯正器具なるものが出土され、当時の人々が矯正歯科治療に興味関心があったということが判明しています。現代における矯正学の基礎が出来上がったのは今から百年ほど前ですから、そう考えるとゆるやかに発展していったことがわかります。 矯正歯科治療は矯正装置の種類によって治療内容が異なる訳ですが、数年前までは矯正する力をワイヤーに頼っていたところがあります。歯にブラケットを装着し、ワイヤーを繋げることで正常な位置まで歯を矯正することが出来たのです。 最新治療法のインビザラインなどはワイヤーレスのマウスピース型の治療方法となっています。このような治療法は審美的にも優れていますし、将来性があって素晴らしい器具だと思います。紀元前の人が思いもよらなかった新装置がこれからも開発されていくのでしょう。

審美的に優れた治療が人気な理由

現代の矯正歯科治療のトレンドと言えば審美的に優れた矯正装置だと思います。このような矯正歯科治療法は患者にとって生活に馴染みやすく、ライフスタイルに合わせた治療を続けることができます。審美性が優れていないのであれば、治療を続けられなかった人も中にはいるでしょう。 審美性の高い治療法といえば歯の裏側に装着するリンガルブラケット、または上歯だけ裏側装着するハーフリンガルブラケットがあります。これらは当然ながら欠点もあるわけですが、それを超えるほどの性能を持っている優れモノだと思います。多少金額が高くても、審美性を取る方も多いのではないでしょうか。 今後の矯正歯科治療ももちろん審美的に優れている治療法に人気が集まると思います。また、適合可能とする症例を増やせるようになると、従来までの治療法はもはや必要なくなるのではないかと思います。